智です、ごきげんよう。

ハロウィーンも過ぎて、クリスマスツリーを飾った11月。
27日咲久楽にとっては、おおよそ1歳1か月の月でした。

このひと月の大きな変化といえば、あんよが出来るようになったこと。
あれ?あんよが始まったかな?って感じたのが、10月20日のことでした。
最初は、ほんの2、3歩歩く感じだったのが、ひと月かけてだんだん長く歩けるようになってきて、今では10歩以上歩けます。
たまによろけたりするけれど、家の中ではほとんど、あんよでの移動。
でも、お外ではたまにはいはいしようとするので、固いところだとあんよって難しいのかもしれませんね。

最初はファーストシューズの11.5cmを買ったのですけど、素足でちょうどいいくらいまで足が大きくなったので、お店で測ってもらって、普通のシューズの12.5cmを買いました。
外出する時、いつも玄関で靴を履かせていたら、今では玄関まで歩いて行って、自分で靴を持ち上げます。
まだ自分で履くことは出来ないので、履かせてあげますけどね
チャイルドシートも後ろ向きから前向きで座らせるように変えたのですけど、後ろを振り返ると、たまに靴を舐めてたり、靴と靴下を脱いで放り投げたりしています。
まぁ、それも可愛くていいのですけど。

散歩、積み木、絵本に加えて、最近はクレヨンでお絵かきをはじめました。
ベビーコロールという、はじめてクレヨンを使う子ども向けの商品があるのですけど、それの12色セットを購入しました。


まだ色々舐めたがる咲久楽が、智の見ていない隙に舐めていても大丈夫!
机の上から床に放り投げても折れない!

1歳半くらいの子が鉛筆で落書きするのを見て、咲久楽もそろそろ練習させた方がいいのかなと思ったので、とりあえずクレヨンから始めたのですけど、点々を打ったり、線を引いたりは初めてでも出来ました。
光くんが、記念に保存していきたいから、落書帳を買ってきて、と言っているので後で行って来ようと思います。
初めて使う用の鉛筆も買ってきて、遊びを兼ねた練習もしたいな。

それからやっぱり他の子を見ていて、〇〇ちゃん→「はーい」が出来る子がいたという話をしたら、光くんが咲久楽に教えてくれました。
まだ手を挙げながら「はーい」とは言えないんですけど、「咲久楽ちゃん」と呼ぶと、手を挙げます。
言葉の理解が進んでいるようで、片づけをするよ、と言って積み木をしまう袋を開くと、自分で拾って袋の中に入れてくれます。
同じように、「絵本はここね」と示すと、絵本を拾って積み重ねます。
子どもって、すごい!!
スポンジのようにどんどん色んなことを吸収しているのだな、と感じます。
だから、幼児教育って大事なんですね。

11月14日に計測したら、身長は75.2cm、体重は9,560gになっていました。
暫く体重が停滞していたのですけど、久しぶりに増加。
そういえば、なんか最近顔がふっくらしているような、、、と思ってたんですよね。
抱っこすると重く感じるし。
食事もおやつも、残す事なんてまず無いので(離乳食が始まってからでも、2、3回しかないw)、食欲がとても旺盛なんでしょうけど、太り過ぎないようには気をつけていきたいなと思います。

公園で智が手を貸しながらブランコや滑り台で遊んだりして、0歳児の頃の「お世話をする」という感じから、だんだん「手を貸して何かをさせる」に移行していく時期、なのかな。
そんなことを思う、1歳1か月なのでした。

ちなみに1歳からの添付写真は、咲久楽とお散歩中に撮った景色や植物の写真にすることに決めました。
今回は、天気のいい日のススキ。
暖かい日のお散歩はとっても楽しいですよ~

それでは、またね~♪