智です、ごきげんよう。

私たちの娘、咲久楽が産まれて、秋・冬・春・夏が過ぎ、1歳を迎えました。
といっても、もう1歳1か月が目前なんですけれども。

1歳になった直後に、また予防接種を受けました。
今回はなんとなんと、一気に5本!
最初に予約した時は、3本→2本と2回に分けて受けるつもりだったのですけど、それだとインフルエンザの予防接種を受けるのが難しくなるのです。
小さい子はインフルエンザの予防接種も2回受けないといけなくて、先生に「この時期だと仕方ないねぇ」って言われながら、咲久楽には頑張ってもらいました。
いつも、「もしもししようね」って聴診器を当てられるだけで泣き出す咲久楽。
今回も、診察から予防接種の間中泣き叫んでいたけれど、診察室を出る時にはぱたっと泣き止んで先生に褒められていました。
どうも、状況把握能力が上がってきているらしく、病院で診察室を出る時にはケロッとしているし、託児をお願いした時も、最初は泣くもののすぐに泣き止んでちゃんと保育士さんと遊んでて、お迎えに行くと緊張がとけたのか泣くのです。

身体能力もぐんぐん向上しています。
まだひとり歩きはしないものの、つかまり立ちして手を離したまま10秒くらい立っていて、誇らしげな顔でこちらを見たり、時には2、3歩離れたところなら、はいはいせずに歩いて移動することも。
お風呂上りにパジャマを着せようとすると、ベビーベッドにつかまって部屋の隅の方に隠れようとするし、箱の上に登ってみたり、設置型のベビーゲートを使用しているところは押しのけて進入してみたり。
「歩きだすと大変だよ~」とよく言われるのですけど、既にその片鱗が表れているようで、「こら~!こっちに来なさい」なんて言う日が増えてきました毎日言っています。
まぁ、順調な成長が嬉しいんですけどね。

指さしも盛んです。
部屋の中でも外でも、あちらこちらを指し示します。
「これは〇〇だよ」って言葉のシャワーを浴びせているところなのですけど、「〇△×□※・・・」ってしきりにおしゃべりしています。
要求がある時とかは「ママ」と言ってるっぽいし、Eテレのいないいないばあっ!を見せる時、「いないいない」って言っているようにも感じます。

絵本も大好き。
めくるのが好きなので、固い本を選んで見せているのですけど、お気に入りの図鑑(光くんセレクト)を一日に何度も眺めています。
だいたいはめくって楽しんでいるようなんですけど、智が大好きで読み聞かせている『ねこのピート』のシリーズは、3歳~向けの絵本なんですけど、最後までちゃんと聞いてくれます。
この『ねこのピート』というシリーズは、いまとても人気のある絵本なんですけど、智もはじめて知った時に、この本はいい!と思って早速図書館で借りて来ました。
途中で歌が入ってくるので、読んでいてとても楽しいし、ピートってすごく前向きなんです。
一番お気に入りなのが、『ねこのピート だいすきなよっつのボタン』。



ピートがお気に入りのシャツにはよっつのボタンがついていて、それがひとつずつなくなっていっちゃうんですけど、全部なくなっちゃった時、自分のおへそを「これがぼくのへそボタン!」って喜ぶんです。
「かたちあるものはいつかはなくなる」
「であいがあればわかれもある」
って。
『ねこのピート だいすきなおやすみえほん』も気に入っているんですけど、絵本でこんなに気分が上がるもんだな、一生ものの絵本に出会えたなって感じです。

お気に入りの絵本について語っちゃいましたけど、咲久楽の方はとにかく日々変わっていくので、もっとビデオを撮ってあげるといいのでしょうけど、なかなかそこまで手が回らなくて。
ただ、咲久楽が起きている時間は、テレビやスマホもしなきゃいけない用事がある時しか触らない、光くん咲久楽のためだけに時間を使うって決めているので、きっとたくさんの思い出が自分の中に残っていっているのかな。

写真は1歳になったらネットにはあげない、と光くんと決めていたので、前回のが最後になります。
ここまで、咲久楽の成長日記を読んでくださった方、ありがとうございました。
自分の力の95パーセントくらいは家族に傾けているので、やっぱりこの先も咲久楽の成長について書いちゃうかもしれないけど、今後は、日常生活で考えていることとかも書いていけたらいいなと思います。
基本、時間があれば書くこと好きなんでね。

それでは、またね~♪